バスガイド仲間のはなし


by wmtgzsiffq

退職勧奨で新たな仕組み=公務員人件費削減へ−仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は7日、国家公務員の総人件費削減や、中央省庁の人事の停滞を防ぐため、退職勧奨を行いやすくするための仕組みを検討する考えを明らかにした。また、新規採用を抑制していく意向も示した。
 仙谷氏は同日のテレビ朝日の番組で、「(国家公務員への)退職勧奨あるいは転職勧奨は行わざるを得ない」と強調。さらに「新規採用で今の人数が果たして妥当かどうか。こんなには要らないと思っている」と語った。
 退職勧奨では、定年前の退職者に退職金を加算したり、民間の転職紹介会社を活用したりすることで、勧奨に応じやすくする案を検討している。1年程度かけて具体策をまとめる方針だ。 

【関連ニュース】
公務員の7月人事「延期も」=内閣人事局設置遅れた場合
内閣人事局
突貫作業、基本権先送り=野党「偽装改革」と批判
「隠れ天下り」ポスト廃止へ=独法と特殊法人の嘱託職員
内閣人事局、4月に新設=公務員法改正案を決定

ひったくり男、マラソン趣味・非番の警部が逮捕(読売新聞)
フィリピン残留孤児 日本で戸籍確認 作成却下後では初(毎日新聞)
安全管理責任者らに罰金=4人死亡三菱化学火災−水戸簡裁(時事通信)
北教組 日高支部では“闘争マニュアル” 「国旗・国歌を排除」(産経新聞)
阿久根市議会が流会、市長は今後も欠席示唆(読売新聞)
[PR]
by wmtgzsiffq | 2010-03-11 14:39